AGA治療は評判の良い病院へ!費用・効果など

AGAの発毛効果の意味について

遺伝子の影響を受けて男性ホルモンの一種となるテストステロンが、
5α-還元酵素と結びつくと、DHTと言う男性ホルモンに変換され、DHTがヘアサイクルの内、
5〜7年の成長期の期間を僅か3ヶ月程度にしてしまう事で、
薄毛の症状が起きると言うAGAはそのままにしておくと全ての毛が抜けてしまう恐れがあると言われています。

そのままにしておけば、現在よりも薄毛の範囲が広くなると言う意味があるわけですので、
早めにAGAの治療を受けることが大切です。
AGAの治療はプロペシアと呼ばれている医薬品を服用して治療を受けることで薄毛の症状を抑制効果が期待出来ます。

プロペシアが抑制効果が在ると言う意味は、
この医薬品の主成分はDHTに変換してしまう5α-還元酵素の阻害薬であり、前立腺肥大症の治療に利用されている医薬品になります。

5α-還元酵素を阻害する事でテストステロンと酵素は結びつくことが無くなること、
そしてDHTに変換されることが無くなるため、
ヘアサイクルを正しい状態に導くと言う意味にも繋がり、
ヘアサイクルが正しくなることで成長期の期間も5年から7年と言った正常の状態に戻るため、
髪の毛が細く短い状態で抜けてしまうと言う事が起きなくなります。

ヘアサイクルが正しくなることで、途中で抜けてしまう髪の毛を減らせるので、
発毛の効果を期待する事が出来ますし、育毛においては他の薄毛の治療でも利用されているミノキシジルを併用する事で発毛効果も期待出来るなど、薄毛の症状を克服する事が出来ると言う事です。